2015年03月07日

地盤調査されますか?それとも気にしませんか?

地盤調査の本質とは?

「地盤調査は住まいづくりの根幹です」

住まいづくりは、人生計画に基づいて考えられます。
自分の年収、子供の数、将来の両親の介護の必要性、売却時の利益等、現在と未来のことを考えながら、住まいの購入や維持に関わる予算の設定、借入計画を立てるのではないでしょうか?

ところで、その計画の中に災害に出会う可能性や、出会った時に何が起こってどの程度の費用が必要かは含まれていますか?

地盤調査は本来このような「未来予想」に必要な情報を集めるためのものです。

巷では、いろいろな試験方法揶揄していますが、それらははあまり重要ではないようです。

これらの試験では分かる地盤の判定結果は試験法によって大きく変わることはありません。

このように、地盤調査は「建物を建てたら将来何が起こるのか」と言う未来の情報を得る作業なのですが、未来を知ることは我々にはできません。

できることは「過去に起きたこと」を知り「想像」することです。
多くの「事例」を知っていることで「想像」の幅は広がります。
この「事例」は、今日ではインターネット上で集めることが可能です。

2011年の東日本大震災以来、空中写真や過去の標準貫入試験の情報等、
過去の事例が非常に簡単に閲覧できるようになってきました。

地盤調査は未来を予測する仕事です。
そのために、非常に多くの情報を必要とします。
SWS試験結果だけを見て、未来を予測することは可能ですが、それだけで想像した未来は、偏った思考に基づくものかもしれません。
より多くの情報を集め、その上で総合的に考えて、未来に何が起こるのかを想像する。

これが地盤調査の本質なのです。

もしも、この文章を読まれた方で、もっと未来予想の精度を上げたいと思われた方は、住まいを販売されている方々に相談してみてください。

「そんなのいらいない」というビルダー様はおられないのではないでしょうか?
もちろん、余分なお金が発生しますが、人生の安心を高めるための投資です。
恐らく数十万円の投資でこの先数十年分の安心を得ることができるでしょう。

 

さて、あなたは、地盤調査する派?それともしない派?

いろいろ情報を集めて考えてみてください。




posted by 三喜谷建築株式会社 こだわりのトアホ−ム at 16:21| 日記・コラム
2010年03月15日

第2回全国校庭芝生化推進 フォ−ラム姫路大会

平成22年2月27日(土)

講師 平井真由美氏によります 演題「芝生が子供たちに与える効果」をひょうご景観園芸産業研究会の主催による講演でした。大変、生き生きと輝く瞳で意欲的にお話しされていて、素晴らしい教育者だと感動いたしました。常に、子どもたちによりよい環境づくりを、子どもたちの少しでもプラスになるものをと思いをいつも子どもたちのためにという素晴らしい教師であったからこそ、出会えた芝生ではないだろうかと思いました。その効用について次のようにとにかく良いことづくめであるとおっしゃっておられます。

1.芝生を育てるという楽しみがある。

2.身体を育む。

    ・屋外で遊ぶことが多い。

posted by 三喜谷建築株式会社 こだわりのトアホ−ム at 23:07| 日記・コラム